VISM Column

縦型動画の強みをコンテンツ制作に活用する

様々な場面で目にする機会が増えて来ている縦型動画。

特に、動画視聴を前提としたアプリ系のサービスでは「普段のスマホの持ち方」に倣った縦型動画がより自然に受け入れられている印象です。縦型に全画面で再生される動画では、没入感もアップします。

しかし動画広告の視点で考えた場合、いぜんとして「広告だから」という理由でファーストインプレッションから「見る」という選択肢をもって貰えない問題もあります。

では縦型動画のフォーマットをどのように活用すれば、「広告として無視されてしまわない」ような接触が可能なのでしょうか?

例として、以下の動画をご覧ください。

こちらの動画では、冒頭の約30〜40秒間を縦型動画としてのサイズで作成し、画面の左右両サイドはあえて編集せず、素人がスマホで撮影したような、ホームビデオの雰囲気を出しています。そして中盤以降、画角は徐々に横に拡大され、男性がコアメッセージをシリアスに伝える立派な広告動画として着地しています。

もうひとつ、こちらは日産自動車が公開したWEB動画です。
これも冒頭に映されているのは縦型の動画で、あたかもユーザーが撮影したような=この「自動で収納される椅子」が実際に存在するかのように思わせる役割を果たしています。

これら2つのクリエイティブに共通するのは、縦型動画という形式を単純に横型動画との比較ではなく一定の目的をもって利用している点があります。

それは UGC風の見せ方をする、ということです。
UGC(=ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ)、つまり広告主や企業などではなく、さも一般のユーザーが投稿したコンテンツであるかのように、あえて画質やアングルも、片手にスマートフォンで撮影したかのような映像を冒頭に持ってきています。

企業による押しつけがましい広告を見せられるのにいい加減ストレスを覚えたユーザーにとっては、一般ユーザーが自然に投稿した動画コンテンツのような演出が、むしろその後の再生完了率、ひいては広告効果にもポジティブな影響を及ぼすことが考えられ、「縦型動画」というフォーマットはそれに一役買っているのです。

広告もコンテンツのような見せ方が必要な時代、縦型・横型というフォーマットの違いも活用してみてはいかがでしょうか?

READ MORE