VISM Column

ニュース系メディアの特徴と動画の相性

VISMでは約90にのぼる多様な媒体とネットワークを形成していることから、広告案件ごとに最適なメディアプランニングをお出しすることが可能です。

特に媒体と相性の良い動画ジャンルには一定の傾向があり、訴求ターゲットと同じく配信先を選定する際の重要な項目になると言えます。

今回は媒体の種類の中でも「ニュース系メディア」について見ていきたいと思います。

 

ニュース系メディアとは、その名の通り経済や社会からエンタメまで、幅広いニュースを取り扱うメディアを指します。

運営には新聞社や通信社などがあたっている場合が多く、独自の取材ネットワークを活かした豊富なコンテンツは社会的にも信頼性・評価も高く、全国のユーザーが利用する傾向にあります。

 

このようなニュース系メディアでスポンサード動画広告を実施する場合、
以下のような動画との相性が良いと言えます。

 

・社会性のあるテーマなどが企画背景にある動画

ニュース系メディアは日々様々な社会的文脈にそったテーマについてニュースを取材・制作しており、それらをしっかりと言語的に説明・記事化する能力に秀でています。

なおかつ社会性のあるテーマはニュース系メディア自身が常時発信している記事とも親和性が高く、媒体との一貫性が増し、より自然にユーザーに動画+記事を読み込んで貰える可能性があります。

また動画+記事公開後の拡散においても、社会課題などのテーマはSNS上での活発なコミュニケーションを促進する材料にもなりえます。

・映像以外にもメッセージを裏付けるエビデンスがある動画

上記「社会性のあるテーマ」とも重複しますが、動画では視覚的なアプローチでざっくりと企画やメッセージの趣旨を伝える一方テキスト系の記事でその補足説明を行うことで、キャンペーンやブランドへの共感にプラスして論理的な理解を促進させることが期待出来ます。

 

より良い動画+記事によるコミュニケーションに向けて

スポンサード型ネイティブ広告において、動画と記事はお互いを補完し合い、両者の価値を高め合うように制作を進めることが重要です。記事においては配信先の媒体ごとに特性・傾向が顕著に異なりますので、より対象の動画とマッチした媒体を選んでいきたいですね。

 

READ MORE